Talk Session Live Wire Official Home Page of New Site 1

Livewireバナー.png

 新店舗『High Voltage Cafe』開店!(2016.08.23)

unnamed-3.jpg2012年7月より四年間運営してまいりましたCafe Live Wireは、この度、歩いて1分かからない近隣の新宿表業ビル3階に移転。「Live Wire High Voltage Cafe」と改名の上、新規開店しました。75席の劇場用シートを導入。ゆったりとした席構成と、80インチの巨大モニターでさらに居心地のいい空間を目指します。
 今後は、トークライブだけでなく、アコースティック・ライブやDJイベント、映画上映会などもラインナップに加え、多角的な愉しみをお届けしていきたいと思います。

 旧店は「マイクロシアター電撃座」としてリニューアル(2016.10)

unnamed-7.jpg 一方、八千代ビルの旧店舗は、これまで散発的に開催してきた落語や講談、怪談などのアコースティックな話芸を中心に開催する「BiriBiri寄席 マイクロシアター電撃座」として10月半ばリニューアルオープンします。こちらも同様の劇場用シート55席を設置(予定)。密な空間で迫真の芸を楽しんでいただける場所にしたいと思っております。 
 どちらもまだ一部施設が整っていない部分もございますが、徐々に陣容を整えながら、高電圧のイベントを開催していきたいと思います。ぜひご愛顧くださいませ。

『電撃座』リニューアル記念。平日ホールレンタル一万円セール(2016.10)

 電撃座リニューアルに伴い、今後は自主イベントの他、持ち込み企画やホールレンタルを受け付けていこうと思います。とりあえずハコを知っていただく意味で、年末までの期間、平日のレンタル料金を一万円ポッキリのサービス料金で解放します。

至近距離で密度の高い芸を楽しめる空間となっております。65インチの大型テレビモニター、JBLのPAモニターを完備。話芸の枠にとらわれない、DJ、映画上映やファンミーティングなどのイベントでもお使いいただけます。椅子、高座ともに可動。30名規模のパーティー等もお請けできます(メニュー等はご相談ください)。
 都内同規模の会場での相場は、大体2時間3万〜5万円ぐらい。破格の料金設定だと思います。ぜひこの機会にお試しください。

席数:55席
広さ:店内約65平米 舞台約6平米 席、高座可動
画像:65インチモニター(Panasonic プラズマディスプレイ TH-65PF10KR)
音響:JBL PAスピーカー(JRX125 ペア)+ パワーアンプAmcron K1

平日18時〜21時 10000円 
       ※ 懇親会設定なしの場合1万5000円
       ワンドリンクマスト500円(二杯チケット900円→どちらを選ぶかは自由選択)

    土日13時〜17時  10000円 ワンドリンクマスト500円(二杯チケット900円)
      18時〜21時  15000円 ワンドリンクマスト500円(二杯チケット900円)

※ 懇親会なしの場合各+5000円

  ※ オーバー分は一時間毎に5000円:24時まで

High Voltage Cafe(二号店)もホールレンタル可能です。各料金に+5000円設定

 2ドリンクマスト制廃止。価格改訂しました(2016.10)

 これまで2ドリンクマスト1000円の設定でお願いしてまいりしたドリンクフィーですが、時間内に使えないままのお客様もあったので、ワンドリンク制に切り替えることにいたしました。リニューアルオープンを記念して、ワンアイテムは500円のまま。加えて、お得な2ドリンクチケット900円も販売しますので、入場時にお好きな方をお選びください。簡単なお食事やスナックなどもご準備したいと思いますので、リラックスしてイベントをお楽しみください。

 トーク、落語、怪談、音楽etc。新企画・出演者を募集。オーディションも開催(2016.10)

 リニューアルを機に、新規出演者と企画を公募したいと思います。トークはもちろん「High Voltage Cafe」でのアコースティックライブができるミュージシャンやDJ、「電撃座」での落語・講談・怪談・ものまね・小人数の演劇・映画上映など、その他Live Wireの舞台で自分のもつ才能を披露したい人を募集します。まずは自己アピールにキャリアとこれまでの活動内容を添えて、メールでご応募ください。

 ida@go-livewire.com もしくは03-6273-0430まで。

 これまでプロとしての実績がない人も含めて、定期的に公開オーディションを開催する予定です。
 ホールレンタルでの自主興行と違い、経費は一切かかりません。一部のライブハウスのようなチケットノルマも特に設けません。まず表現に集中してもらえるよう、環境づくりをしていこうと思います。
 ギャラの割戻しはお客様一人から発生。
 技量と人気を鑑みて、段階的パーセンテージを設定したいと思います。



希有馬屋(井上純一)フリートーク#9
中国嫁日記(六)発売記念(出産おめでトーク好評につき追加公演決定)

「外国人妻と結婚して幸福になる方法」 
ゲスト:じゃんぽ~る西(『モンプチ 嫁はフランス人』)

[出演] 井上純一(マンガ家)じゃんぽ〜る西(ゲスト)
[開場]18:30 開始・19:00 
http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=110054560

[#466] 12月4日(日) 80年代最悪ビデオ達再降臨!ナイトメア・ビフォア・ハロウィン これが究極の『悪趣味ビデオ』だ。

[#466] 12月4日(日) 80年代最悪ビデオ達再降臨!ナイトメア・ビフォア・ハロウィン これが究極の『悪趣味ビデオ』だ。

悪趣味.jpg
すれっからしの映画ファンのド肝を抜いた「別冊映画秘宝 80年代悪趣味ビデオ学入門! 」そして続編「悪趣味ビデオ学の逆襲」を合本・再編集――80年代・ビデオレンタルの黎明期、棚に氾濫したグロくてエロ、扇情的なジャケットと意味不明のタイトルだけが頼りの、チープで業の深い謎の映画たちが、今宵再びその封印を解かれる。レンタルビデオの黄金時代に狂い咲いた、ハッタリ上等チープな闇ビデオの数々をチョイス、誰も語らなかったもう一つの映画史を探る、バブルにGOな悪夢のタイプトリップ。


[出演] 山崎圭司(ライター) 田野辺尚人(別冊・映画秘宝)
[開場]19:00 開始・19:30 
http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=107732812


[#465] 10.16(日) 池澤春菜&堺三保のSFなんでも箱#36 ゲスト・浅生鴨

アグニオン.jpg
この感情は、誰にも奪わせない――全てが管理された世界に抗う最後の少年の物語。人類から悪意を分離すれば、善き人の世界が訪れるはず――。全てを有機神経知能に管理された未来社会で、恐るべき最終計画が始動した。人々の欲望を削ぎ、嫉妬も争いも根絶せんとする監理者に、少年たちはどう立ち向かうのか? 秀逸なツイートで世を沸かせ、マルチな才能で大注目の元NHKPR1号、圧巻のデビュー長篇!


[出演] 池澤春菜(声優、女優、エッセイスト)、堺三保(SF評論家、翻訳家)
[ゲスト] 浅生鴨(小説家)
[開場]19:00 開始・19:30 
]http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=107816270

[#467] 10.24(月) 『愛欲と妄想の20世紀巷談』 官能小説家・館淳一が語る昭和メディア

ありとあらゆるエロとフェティシズムを手がける官能小説界の巨匠・館淳一。作家に転身する前には記者、編集者として昭和の活字メディアを至近距離から見ていました。やがて訪れた転機にはあのあさま山荘事件の現場に出くわすなど、激動の昭和史の証言者ともなりました。その館さんをLIVE WIREにお招きし、いかにして作家・館淳一が形作られたかという貴重なお話を伺います。官能小説に関心がない人ももちろんお越しください。

[出演]  舘淳一(作家) 杉江松恋(書評家)
[開場]19:00 開始・19:30 
http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=107869438


[#468] 10.30(日)
フミ・サイトーが語る昭和活字プロレス学「昭和プロレス正史」刊行記念トーク

108392440.jpg
リングの上の戦いを記録する、リングサイドの目ーー世間に伝えられる「記事」は、ファンの心に刻まれ、やがて「歴史」として集積されていく。プロレスという融通無碍な世界を、記者たちはどう伝えたか。プロレス記者の中でも、きっての知性派(早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士)の斎藤文彦さんに、あえて昭和プロレス記者たちの「伝え方」にこだわって聞く、「昭和プロレス正史」の世界。
[出演] 斎藤文彦(プロレスライター) 杉江松恋(書評家)
[開場]19:00 開始・19:30 
http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=108392440


[#469] 11.02(水)『常磐線中心主義ナイトIII』

常磐線中心主義.jpg
東京・上野から千葉、茨城を抜けて福島県・いわきまでを結ぶ長大な路線・常磐線。
昨年話題となった『常磐線中心主義(セントリズム)』は、その常磐線を東京の消費を下支えする〈下半身〉と位置付け、沿線の街それぞれの現在と明日を社会学の視線で分析した。その編者のひとりである筑波大学准教授・五十嵐泰正氏のコーディネイトで、常磐線の両端、食の生産地と消費地のそれぞれの“現場”からの声をつないで、飲みかつ食べながら多角的に語りあおうという一夜。
上野からは、アメ横の人気店・立ち飲みと小売を並列した「飲める魚屋」魚草の店主、大橋磨州さんが登場。慶応大学を卒業後、東大に移って民俗学を学んだのちに、アメ横の魚屋に修行に入り、三年前独立。同じアメ横の並びに自身の店を構えた。食のメッカであるアメ横を舞台に、彼はどんな戦略をもち、アメ横を、そして上野をどう変えようとしているのかを語る。
またもう一方の端・福島県いわきからは、『常磐線中心主義(セントリズム)』の執筆者でもあり、福島第一原発沖の魚の放射線量などを測定する民間の海洋調査チーム「うみラボ」や中小企業や生産者の広報PRを支援する「ヘキレキ舎」を運営する、フリーライター小松理虔さんが登壇。放射能問題/風評払拭のみならず、福島漁業の変革と消費者・生産者の関係形成をじっくり報告する。
[司会] 五十嵐泰正(筑波大学 大学院人文社会科学研究科 准教授、『常磐線中心主義』編者)
[ゲスト] 大橋磨州(上野アメ横「飲める魚屋・魚草」)、小松理虔(元福島テレビ報道部記者 「ヘキレキ舎」)
[開場]19:00 開始・19:30 
http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=108474068


[#471] 11.04(木)田中圭一&杉江松恋「すごいよ、昭和マンガ恐山!」 #5 つげ義春編

「時代とマンガ」の分かちがたい関係――「なぜこの作品がその時代にウケたのか」という背景を 掘り下げることで、昭和レジェンドマンガのさらなる魅力を分析。 技法面と時代性の両面から昭和マンガの深みを読み解く、とびきり濃い目のなマンガ夜話シリーズ。

[出演]  田中圭一(マンガ家)、杉江松恋(書評家)
[開場]19:00 開始・19:30 
http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=107737260


[#472] 11.04(金)亀和田武×中森明夫「60年代ポップ少年と80年代ポップ青年」
~ 亀和田武『60年代ポップ少年』(小学館)刊行記念イベント ~

60年代ポップ少年.jpg
[出演] 亀和田武 中森明夫
[開場]19:00 開始・19:30 
SF、ジャズ、全共闘など当時の最新流行を縦糸に、リリカルな場面再現力が発揮された私小説的エッセイ集。青年期の鬱屈に当時のポップカルチャーが与えた突破力は、これだけマジカルだったのだ!

ゲストには、同じ東京を舞台に「80年代新人類世代」としてサブカルチャーシーンを牽引した中森明夫が参加。メディア黄金期・昭和の東京文化史を語り合います。
http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=108739675



[#472] 12月11日(日) プレイバックSF黄金時代#2 「一の日会」と「宇宙気流」の伝説

[出演] 鏡明、亀和田武
[開場] 17:00 開始・17:30 

悪趣味.jpg
すれっからしの映画ファンのド肝を抜いた「別冊映画秘宝 80年代悪趣味ビデオ学入門! 」そして続編「悪趣味ビデオ学の逆襲」を合本・再編集――80年代・ビデオレンタルの黎明期、棚に氾濫したグロくてエロ、扇情的なジャケットと意味不明のタイトルだけが頼りの、チープで業の深い謎の映画たちが、今宵再びその封印を解かれる。レンタルビデオの黄金時代に狂い咲いた、ハッタリ上等チープな闇ビデオの数々をチョイス、誰も語らなかったもう一つの映画史を探る、バブルにGOな悪夢のタイプトリップ。


[出演] 山崎圭司(ライター) 田野辺尚人(別冊・映画秘宝)
[開場]19:00 開始・19:30 
http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=107732812

[#466] 12月4日(日) 80年代最悪ビデオ達再降臨!ナイトメア・ビフォア・ハロウィン これが究極の『悪趣味ビデオ』だ。

[#466] 12月4日(日) 80年代最悪ビデオ達再降臨!ナイトメア・ビフォア・ハロウィン これが究極の『悪趣味ビデオ』だ。

悪趣味.jpg
すれっからしの映画ファンのド肝を抜いた「別冊映画秘宝 80年代悪趣味ビデオ学入門! 」そして続編「悪趣味ビデオ学の逆襲」を合本・再編集――80年代・ビデオレンタルの黎明期、棚に氾濫したグロくてエロ、扇情的なジャケットと意味不明のタイトルだけが頼りの、チープで業の深い謎の映画たちが、今宵再びその封印を解かれる。レンタルビデオの黄金時代に狂い咲いた、ハッタリ上等チープな闇ビデオの数々をチョイス、誰も語らなかったもう一つの映画史を探る、バブルにGOな悪夢のタイプトリップ。


[出演] 山崎圭司(ライター)
田野辺尚人(別冊・映画秘宝)
[開場]19:00 開始・19:30 
http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=107732812


[#465] 10.16(日) 池澤春菜&堺三保のSFなんでも箱#36 ゲスト・浅生鴨

アグニオン.jpg
この感情は、誰にも奪わせない――全てが管理された世界に抗う最後の少年の物語。人類から悪意を分離すれば、善き人の世界が訪れるはず――。全てを有機神経知能に管理された未来社会で、恐るべき最終計画が始動した。人々の欲望を削ぎ、嫉妬も争いも根絶せんとする監理者に、少年たちはどう立ち向かうのか? 秀逸なツイートで世を沸かせ、マルチな才能で大注目の元NHKPR1号、圧巻のデビュー長篇!


[出演] 池澤春菜(声優、女優、エッセイスト)、堺三保(SF評論家、翻訳家)
[ゲスト] 浅生鴨(小説家)
[開場]19:00 開始・19:30 
]http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=107816270

[#467] 10.24(月) 『愛欲と妄想の20世紀巷談』 官能小説家・館淳一が語る昭和メディア

ありとあらゆるエロとフェティシズムを手がける官能小説界の巨匠・館淳一。作家に転身する前には記者、編集者として昭和の活字メディアを至近距離から見ていました。やがて訪れた転機にはあのあさま山荘事件の現場に出くわすなど、激動の昭和史の証言者ともなりました。その館さんをLIVE WIREにお招きし、いかにして作家・館淳一が形作られたかという貴重なお話を伺います。官能小説に関心がない人ももちろんお越しください。

[出演]  舘淳一(作家) 杉江松恋(書評家)
[開場]19:00 開始・19:30 
http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=107869438


[#468] 10.30(日)
フミ・サイトーが語る昭和活字プロレス学「昭和プロレス正史」刊行記念トーク

108392440.jpg
リングの上の戦いを記録する、リングサイドの目ーー世間に伝えられる「記事」は、ファンの心に刻まれ、やがて「歴史」として集積されていく。プロレスという融通無碍な世界を、記者たちはどう伝えたか。プロレス記者の中でも、きっての知性派(早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修士)の斎藤文彦さんに、あえて昭和プロレス記者たちの「伝え方」にこだわって聞く、「昭和プロレス正史」の世界。
[出演] 斎藤文彦(プロレスライター) 杉江松恋(書評家)
[開場]19:00 開始・19:30 
http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=108392440


[#469] 11.02(水)『常磐線中心主義ナイトIII』

常磐線中心主義.jpg
東京・上野から千葉、茨城を抜けて福島県・いわきまでを結ぶ長大な路線・常磐線。
昨年話題となった『常磐線中心主義(セントリズム)』は、その常磐線を東京の消費を下支えする〈下半身〉と位置付け、沿線の街それぞれの現在と明日を社会学の視線で分析した。その編者のひとりである筑波大学准教授・五十嵐泰正氏のコーディネイトで、常磐線の両端、食の生産地と消費地のそれぞれの“現場”からの声をつないで、飲みかつ食べながら多角的に語りあおうという一夜。
上野からは、アメ横の人気店・立ち飲みと小売を並列した「飲める魚屋」魚草の店主、大橋磨州さんが登場。慶応大学を卒業後、東大に移って民俗学を学んだのちに、アメ横の魚屋に修行に入り、三年前独立。同じアメ横の並びに自身の店を構えた。食のメッカであるアメ横を舞台に、彼はどんな戦略をもち、アメ横を、そして上野をどう変えようとしているのかを語る。
またもう一方の端・福島県いわきからは、『常磐線中心主義(セントリズム)』の執筆者でもあり、福島第一原発沖の魚の放射線量などを測定する民間の海洋調査チーム「うみラボ」や中小企業や生産者の広報PRを支援する「ヘキレキ舎」を運営する、フリーライター小松理虔さんが登壇。放射能問題/風評払拭のみならず、福島漁業の変革と消費者・生産者の関係形成をじっくり報告する。
[司会] 五十嵐泰正(筑波大学 大学院人文社会科学研究科 准教授、『常磐線中心主義』編者)
[ゲスト] 大橋磨州(上野アメ横「飲める魚屋・魚草」)、小松理虔(元福島テレビ報道部記者 「ヘキレキ舎」)
[開場]19:00 開始・19:30 
http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=108474068


[#471] 11.04(木)田中圭一&杉江松恋「すごいよ、昭和マンガ恐山!」 #5 つげ義春編

「時代とマンガ」の分かちがたい関係――「なぜこの作品がその時代にウケたのか」という背景を 掘り下げることで、昭和レジェンドマンガのさらなる魅力を分析。 技法面と時代性の両面から昭和マンガの深みを読み解く、とびきり濃い目のなマンガ夜話シリーズ。

[出演]  田中圭一(マンガ家)、杉江松恋(書評家)
[開場]19:00 開始・19:30 
http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=107737260


[#472] 11.04(金)亀和田武×中森明夫「60年代ポップ少年と80年代ポップ青年」
~ 亀和田武『60年代ポップ少年』(小学館)刊行記念イベント ~

60年代ポップ少年.jpg
[出演] 亀和田武 中森明夫
[開場]19:00 開始・19:30 

SF、ジャズ、全共闘など当時の最新流行を縦糸に、リリカルな場面再現力が発揮された私小説的エッセイ集。青年期の鬱屈に当時のポップカルチャーが与えた突破力は、これだけマジカルだったのだ!

ゲストには、同じ東京を舞台に「80年代新人類世代」としてサブカルチャーシーンを牽引した中森明夫が参加。メディア黄金期・昭和の東京文化史を語り合います。
http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=108739675



[#472] 12月11日(日) プレイバックSF黄金時代#2 「一の日会」と「宇宙気流」の伝説

[出演] 鏡明、亀和田武
[開場] 17:00 開始・17:30 


[#472] 
11.04(金)亀和田武×中森明夫「60年代ポップ少年と80年代ポップ青年」
~ 亀和田武『60年代ポップ少年』(小学館)刊行記念イベント ~

[#465] 10.16(日) 池澤春菜&堺三保のSFなんでも箱#36 ゲスト・浅生鴨

アグニオン.jpg
この感情は、誰にも奪わせない――全てが管理された世界に抗う最後の少年の物語。人類から悪意を分離すれば、善き人の世界が訪れるはず――。全てを有機神経知能に管理された未来社会で、恐るべき最終計画が始動した。人々の欲望を削ぎ、嫉妬も争いも根絶せんとする監理者に、少年たちはどう立ち向かうのか? 秀逸なツイートで世を沸かせ、マルチな才能で大注目の元NHKPR1号、圧巻のデビュー長篇!


[出演] 池澤春菜(声優、女優、エッセイスト)、堺三保(SF評論家、翻訳家)
[ゲスト] 浅生鴨(小説家)
[開場]19:00 開始・19:30 
]http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=107816270



60年代ポップ少年.jpg
[出演] 亀和田武 中森明夫
[開場]19:00 開始・19:30 
SF、ジャズ、全共闘など当時の最新流行を縦糸に、リリカルな場面再現力が発揮された私小説的エッセイ集。青年期の鬱屈に当時のポップカルチャーが与えた突破力は、これだけマジカルだったのだ!

ゲストには、同じ東京を舞台に「80年代新人類世代」としてサブカルチャーシーンを牽引した中森明夫が参加。メディア黄金期・昭和の東京文化史を語り合います。
http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=108739675


[#469] 8.26(金) なんば紅鶴|山本弘のSF秘密基地LIVE#62 僕たちの好きだった80年代アニメ Part3」


 1980年代──アニメがまだセルに描かれていた時代。でもストーリーや表現の面では、急速に新しい波が押し寄せ、激動の時期を迎えていました。山本弘と鋼鉄サンボ、いい歳してアニメが大好きな二人が、あの時代を振り返り、様々な作品の思い出話や裏話、マニアックなトリビアを熱く語りまくるという連続企画。前回は1983年まででしたが、いよいよOVAも台頭してきて、いっそう混迷の度を深めます。どんな話題が飛び出すのか、あなたも懐かしさと恥ずかしさをこめて振り返ってみませんか?
[出演]  山本弘(SF作家)鋼鉄サンボ(B級プラモデル研究家)井田英登(進行:LIVE WIRE)
[開場]19:00 開始・19:30 
http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=108065145


[#469] 8.26(金) なんば紅鶴|山本弘のSF秘密基地LIVE#62 僕たちの好きだった80年代アニメ Part3」


 1980年代──アニメがまだセルに描かれていた時代。でもストーリーや表現の面では、急速に新しい波が押し寄せ、激動の時期を迎えていました。山本弘と鋼鉄サンボ、いい歳してアニメが大好きな二人が、あの時代を振り返り、様々な作品の思い出話や裏話、マニアックなトリビアを熱く語りまくるという連続企画。前回は1983年まででしたが、いよいよOVAも台頭してきて、いっそう混迷の度を深めます。どんな話題が飛び出すのか、あなたも懐かしさと恥ずかしさをこめて振り返ってみませんか?
[出演]  山本弘(SF作家)鋼鉄サンボ(B級プラモデル研究家)井田英登(進行:LIVE WIRE)
[開場]19:00 開始・19:30 
http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=108065145

BLUE.png


  • 10.23(日=土深夜 )立川談四楼「オールナイトで談四楼」#17

立川談四楼.jpg終電で出かけて、始発で帰る。宇宙一宵っ張りな深夜寄席。

[出演] 立川談四楼
[開場] 00:30  [開始] 01:00
[木戸銭] ¥3000(当日券500円up)  

http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=105675355


  • 10.26(水) 立川さんちの喫茶★ゼンザ 第15回

[出演] 立川志ら鈴、立川志ら門、立川うぉるたー
[開場]14:30 開始・17:00
[木戸銭] ¥700

http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=108065210


  • 11.9(水) 若いおじさんの会 中年の星争奪戦 Vol.5 三遊亭鯛好×立川寸志

中年の星3.jpg入門10年以内、入門時33以上の二つ目四人による対戦型落語リーグ戦。二勝で並んだ上位戦線。寸志(一敗)の逆襲が始まるか?ギラギラおじさん鯛好(二敗)が意地を見せるか?

[出演] 三遊亭鯛好×立川寸志
[開場]18:30 開始・19:00
http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=107502437


  • 11.14(月) 「コイツDEショーYO!」#3  瀧川鯉津×春風亭昇羊

鯉津昇羊3.png
瀧川鯉昇門下、往年の武藤敬司似のくっきりとした目鼻立ちで、明るくめりはりのきいた高座を務める瀧川鯉津(出囃子はグレート・ムタのテーマ)と、二つ目に昇進して今乗っている若手、春風亭昇太門下の昇羊がタッグを組んでやってきます。こいつは落語会のSGタッグだ!

[出演] 瀧川鯉津、春風亭昇羊
[開場]18:30 開始・19:00
http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=107868825


  • 11.16(水) がらくた落語再生工場 柳家花飛×三遊亭天歌×三遊亭はらしょう

三人の落語家がかつて作ったものの中途で挫折した新作を再生しご披露。つまり全席ネタおろし!
[出演] 柳家花飛、三遊亭天歌、三遊亭はらしょう
[開場]18:30 開始・19:00
http://boutreview.shop-pro.jp/?pid=107869090